PLDDはレーザーを使った施術法|椎間板ヘルニアを改善する方法

女性

増加する患者数と対策

医者

患者や家族の負担を軽減

糖尿病や腎臓病では血液に不純物が混ざってくる症状があり、その場合は透析が必要となってきます。透析は不純物の混ざった血液を浄化していく治療となり、きれいになった血液を再び体内へ戻していく内容です。これで体の機能が上手く保たれるようになるため、欠かせない治療となります。しかし、透析は週に何回も受けていかなければいけない現状があります。体内で血液のろ過が十分に行われていないため、血液はすぐに不純物が混ざりあってしまうのです。こういった治療の難しさをサポートするために、医療機関では送迎サービスを行うところが増えてくるようになりました。患者さんの自宅、または決まった場所で送迎をしてくれるので、通院がとても楽になります。送迎サービスで患者の家族にも時間に余裕ができるようになり、とても好評なサービスとなっています。送迎サービスは透析患者の人の負担を少しでも軽くしていくために、その取り組みが広がりを見せています。

高齢化による問題

透析を受ける患者数は、一時期は増加のピークを迎えました。これは高齢化によるもので、特に60〜70歳代の患者数が目立っていました。しかし、最近では徐々に減少の一途をたどっているものの、それでもその数は30万人前後となります。こうした現状から、送迎サービスが誕生してきました。透析は、1回の治療時間が数時間にも及びます。それを週に何回も繰り返すため、時間による拘束が肉体的・精神的な負担を増長させてしまいます。高齢の状態からさらなる健康への問題が心配されるため、送迎サービスの導入は治療にも役立てられているのです。また、患者の家族も高齢になる人が多いことから、送り迎えなどのお世話も難しくなってきたところでした。このような問題から、医療以外でのサービスが求められるようになり、今では定着したサービスとなりつつあります。