PLDDはレーザーを使った施術法|椎間板ヘルニアを改善する方法

女性

病気を理解して正しく治療

病院

病気を早期に発見する

髄膜腫とは脳腫瘍の中でもよく起こる病気の一種であり、脳ドックで症状が無くても見つかる可能性が有ります。症状が出てから骨髄腫であると分かるケースもあり、潜在的に高い確率で発症している可能性があるので注意が必要です。脳腫瘍は脳のガンだと思う人も多くいますが、腫瘍が出来る場所は脳ではありません。髄膜は硬膜とくも膜と軟膜の三層での膜で頭蓋骨の裏側を守っていますが、くも膜の表面のくも膜細胞に腫瘍が出来るのが髄膜腫です。脳に腫瘍が出来るわけでは無く、脳の外側に出来ている腫瘍なので脳を傷つけずに治療をする事ができます。髄膜腫の多くは良性の腫瘍である為、転移をしたり大きくなったりしないのが特徴ですが、悪性の腫瘍である可能性も否定できないので、早期に発見する事が大切です。

早期に発見する方法

腫瘍が大きくなると、脳を圧迫し体の様々な部分に症状が出ますが、腫瘍の出来た場所によって症状の出る部分や大きさが異なります。脳を圧迫すると脳圧が高くなり、吐き気や頭痛を感じるようになります。腫瘍が大きくなると痙攣を起こしたり、更には物忘れや歩行困難になる事もあります。視神経の近くに髄膜腫が発生すると、視神経を圧迫して視野が欠けてくる事もあります。髄膜腫になると手術によっての摘出が必要になり、付着した硬膜も全て摘出する必要があります。手術を行わずに放射線治療を行う事も可能でありますが、再発を予防する事が難しくなるので注意が必要です。治療の方法は、腫瘍の大きさや場所によって異なりますが、出来るだけ早期に発見して治療をする事が重要です。