PLDDはレーザーを使った施術法|椎間板ヘルニアを改善する方法

男女

メニュー

腎臓の代わりとなるもの

カウンセリング

腎臓のろ過機能を人工的に行う透析をしてくれる病院を探す場合には身体への負担を考えて近場から選ぶことをおすすめします。また、世田谷区近隣には透析治療を受けられる病院がたくさんあることからインターネット上にある情報を上手に収集しながら決断を下すとそれがいい治療につながります。

詳細を読む

増加する患者数と対策

医者

透析を受ける目的は、糖尿病や腎臓病で血液の不純物を取り除くために、血液の浄化が必要となるからです。高齢化の影響で患者数が増加し、度重なる治療で負担も大きくなります。しかし、この現状から医療機関でも送迎サービスを行うところが増え始め、患者やその家族も負担を抑えられるようになったのです。

詳細を読む

病気を理解して正しく治療

病院

髄膜腫は脳の外側にできる腫瘍であり、大きくなったり出来る場所によって様々な症状が表れます。脳ドックによって発見できない場合もあるので注意が必要です。早期に発見する事が重要であり、摘出手術や放射線治療によって回復する事ができます。

詳細を読む

施術内容とメリット

看護師

施術の内容

椎間板ヘルニアの治療法としてPLDDがあります。この治療方法は椎間板ヘルニアに非常に効果的であると言われています。その施術方法ですが、まずPLDDの正式名称は経皮的レーザー椎間板髄核減圧術といいます。つまり、レーザーを使った治療方法というわけです。椎間板ヘルニア自体は腰椎と腰椎の間にある椎間板が押し出されている状態のことです。この押し出されている部分を引っ込めるためにレーザーを照射します。そうすると、椎間板に穴ができて、椎間板がその穴を塞ぐために収縮します。そうして、押し出されていた部分が引っ込むようになります。そうして椎間板ヘルニアが改善されます。これがPLDDの特徴になります。

メリット

椎間板ヘルニアの治療方法というと、どうしても切開による施術が有名です。しかしながら、出血を伴う切開手術は患者に程度の差はあれど不安を与えてしまいます。しかしながら、PLDDは切開ではなくレーザーを照射するだけなので、そうした不安を解消することができます。これもPLDD独自のメリットです。しかも、切開手術のように身体に負担をかけることもありません。さらには、成功率が極めて高いのもPLDDの特徴です。施術を受けたその当日に退院することができます。手術にかかる時間も5分から10分程度で済みます。局所麻酔も施しますので、痛みを伴うことはまずありません。このように、メリットの多い施術方法なので、長い間椎間板ヘルニアに悩まされているのであれば、施術を受けてみましょう。